BAR(バー)深夜酒類提供飲食店営業届出 大阪 行政書士ブログ 人種差別問題・・

皆様こんにちは。

今回は人種差別問題について、少し触れてみたいと思います。

この問題は宗教問題と共に、根深くかつ解決が非常に困難なテーマです。国内にいてますと、日本は多民族国家ではありませんので、肌の色の違いなどで差別されることはありません。しかし、在日や部落など様々に差別があるのも事実です。最近は街中で外国人も普通に見かけます。インバウンド効果によるものもあるでしょうが、グローバル化や生産年齢人口の減少による人手不足など因果関係はともかく、20年前に比べますと明らかに増えましたよね。今後ますます日本に在住する外国人が増えることは間違いないでしょうから、このことが新たな差別問題に繋がらなければいいのですが、イギリスのブレクジットやEUの状況から推測して、日本でも移民が増えれば増えるほど、大きな問題になるような気がしてなりません。

では、海外に目を向けてみましょう。ヨーロッパについては軽く触れましたので、まずは中国です。えっ中国?関係ないんじゃ?と思われる方もおられるかと思いますが、中国も多民族国家です。それもウイグル、チベットなどを無理やり中華民族などと称して占領し、人権弾圧を繰り広げています。恐ろしいこともしているようですね。他にもミャンマーのロヒンギャ問題があったり、アフリカでは、植民地支配の副作用とでもいえばよいのか、無理に国境を引いてしまったことで多民族国家が出来上がり内戦が頻発しています。

そして、アメリカです。白人、黒人、ヒスパニック系、アジア系と、これだけの移民が、集まれば問題は大きくなりますよね。そこに奴隷制度の名残がありますから根が深いのです。今後、統計上、過半数を占める白人層がその他の人種を下回ることが予測されています。民主党が力を増すことも予測されます。そうなるとますます共和党との間に溝ができ、分断は加速するように思えてなりません。考えてみますと、「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア」や「マルコムX」などが公民権運動を行っていた時から半世紀経って未だにこの状況ですからね・・「オバマ」が大統領になった時には、もう人種差別なんて無くなったのかと思っていましたが、何も変わっていないので驚きでしかないですね。大坂なおみ選手が(上記画像で示した)マスクに名を刻み無言の抗議をしていましたが、この7人の被害者の受けた暴行は本当にひどく、民主主義、法治国家で行われたとは思えぬ行為です。「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア」や「マルコムX」が訴えたことをもう一度深く考えてみて欲しいと思います。

最後にどこか他人事の日本人に問いたいのですが、日本人も差別されているということです。「黒人とか大変だな」ぐらいに思っていると思います。でも冷静に見て欲しいのです。アメリカのバイデン政権も「女性初」とか「黒人初」とかはあっても「アジア系初」とかはまったくありませんよね?(カマラ・ハリスはアジア系でもあるようですが)恐らく私たちが思ってる以上に差別されているのでしょう。日本にいるのでわからないのです。さて、アジア系のアメリカ大統領が誕生する日が来ることを想像できた人はどれくらいいるでしょうか??

 

深夜酒類提供飲食店営業の届出のことなら、大阪・風俗営業専門の行政書士 明石 勝にお任せ下さい。図面作成から届出手続きまでトータルサポート致します。

https://masaruakashi.com/

風営法・風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業 よくある質問③ 無許可営業を続けながらの許可申請について

皆様こんにちは。

今回は、風営法・風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業で、よくある質問第三弾として、このネタを持ってきました。

「無許可営業を続けながらの許可申請について」

では、早速お答えしたいと思います。

1か月または2か月に1回ぐらいのペースで弊所に怪しい電話がかかってきます(もちろん非通知)

「今現在、接待飲食のお店を営業しているが、無許可で営業していてこのままではヤバいことになりそうなので許可を取りたいけど、どうすればいいか?」

理由は聞けば色々で、

・不動産屋またはテナントオーナーから無許可を咎められた

・同業の知り合いが摘発を受けて怖くなった

・従業員から不安がられてる

まぁ理由はどうあれ違法な状態であることは認識されている。

そこで許可申請の手続きの流れを説明するのですが、「まずは、今現在営業中のお店は一度閉店して頂き、許可申請しなければならない」と伝えると、相手の態度が豹変しはじめます。

で、こうくるわけです・・

【営業は続けながら許可申請してくれ】

「そんなの無理です」当然ですよね(詳しくはよくある質問①をご覧ください)

そもそも無許可で営業することはもちろん違法です。そのまま許可申請?なぜそのようなことができると思うのか不思議でなりません。

「なんで違法な状態を解消しようとしてるのに、このまま許可申請できないの?」

ここから先は皆様のご想像のお任せします。

そもそも非通知で連絡をしてきて、店舗の場所も教えることもできない。ビビリながら営業をしているわけで、本人もその自覚があるんですよね。であれば屁理屈を言ってもしかたないんですよね(行政書士も魔法の杖は持ってないので)

なかには罵詈雑言を浴びせてくる方もいます(私が無知だからできないだけでは?とか、じゃあ警察署まで一緒に行ってあげるから警察官に聞いてみますか笑)自分の行いに間違いがあり、袋小路だからといって、人に八つ当たりの逆切れは子供のすることですよね。まぁそもそも幼稚だから無許可で営業してたりするのでしょうが。

今回は答えが簡単な質問でしたね。こういった状態に陥らない為にも、しっかり許可を取り営業をして頂ければ幸いです。

 

明石 勝 行政書士事務所は出張相談完全無料です。まずはお電話ください。風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業届出トータルサポート致します。

https://masaruakashi.com/

 

風営法・風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業 よくある質問② 届出から10日以内の営業について

皆様こんにちは。

今回は、風営法・風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業で、よくある質問についてお答えしたいと思います。

前回は、風俗営業1号申請の許可されるまでの営業について書きましたが、今回は深夜酒類提供飲食店営業届出の場合について、お答えしたいと思います。

風俗営業1号申請と深夜酒類提供飲食店営業届出を、同じように思っている方もいると思いますが、大きく違いがありますので注意して下さい。

深夜酒類提供飲食店営業届出の手続きを依頼される方の中には、届け出後、明日からでもオープンしたいという方がいます。しかし、実際は届出から10日後より営業が可能になります。でも、風俗営業1号申請と同様に、店舗などのランニングコストやオープンの日を先に決めてしまっているので、届け出後すぐに営業を開始したいとなる訳です。

「届出から10日以内の営業について」ですが、結論から先に言ってこれは違法です。詳細は前回の風俗営業と重複しますのでここでは触れませんが、届出後10日間は営業しないようにお願いしますと言っても聞き入れてくれない方もいるのが現実です。

で、こうくるわけです・・

【飲食店営業許可が出れば、0時まで営業しても(深夜営業しなければ)大丈夫ですよね】と質問されます。

これについては、正直言って私も回答に苦慮しています。

確かに法的な観点から申しますと、何ら違法性がないようにも解釈できるのです。

根拠としましては、

① そもそも、既存の飲食店があり、今後新たに深夜酒類提供飲食店営業届出を行い深夜営業を開始しする場合、既存の飲食店を営業したまま、深夜酒類提供飲食店営業届出を行い10日後から深夜営業を開始する流れになります。であれば、先に飲食店の営業許可を取得し深夜酒類提供飲食店営業届出10日後までは深夜営業せずに営業を開始しても、同じことですし違法性がないように思える。

② 深夜営業しなければ、飲食店営業許可があれば何ら違法性がない。

最後に、今回も大阪府警に確認をしました。担当者の方の回答も非常に困ったといったもので、「できれば既存の飲食店ではなく、新規にオープンする場合は、深夜酒類提供飲食店営業届出の10日後まで、すべての営業をしないようにお願いしたい・・」ということでした。

如何でしょうか。風俗営業1号申請と深夜酒類提供飲食店営業届出の違いについてもご理解頂ければ幸いです。

 

深夜酒類提供飲食店営業、ガールズバー・(BAR)バーの手続きでお困りのことはありませんか?悩む前に明石 勝 行政書士事務所にご相談下さい。秘密厳守、迅速丁寧、安心の低料金で対応致します。

https://masaruakashi.com/

明石勝 行政書士事務所 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
弊所一同心よりお願い申し上げます。

なお、本日より平常通り営業させていただいております。

皆様のご健闘と御多幸をお祈り申し上げます。

明石勝 行政書士事務所 年末のご挨拶

拝啓     令和2も残すところあとわずかとなりました。

皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜り、まことに有難く御礼申し上げます。
来年も、より一層のご支援を賜りますよう、弊所一同心よりお願い申し上げます。

来年も皆様にとって良い年になるようお祈り申し上げます。どうぞ良い年をお迎え下さい。

敬具

明石勝 行政書士事務所 年末年始のお知らせ

年末年始の営業日のご案内

師走の候、皆様益々のご盛栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始休業とさせて頂きます。

12月26日(土) から 1月5日(火)

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくご了承のほどをお願い致します。

新年は1月6日(水)より、通常通り営業させて頂きます。

来年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

相続・遺言書作成☆在留資格VISA☆飲食店・風俗営業☆会社設立のことなら 明石 勝 行政書士事務所にお任せ下さい。経営相談も受付しております。

https://masaruakashi.com/

風営法 風俗営業 深夜酒類提供飲食店営業 よくある質問① 申請中、許可までの営業について

皆様こんにちは。

今回は、風営法・風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業で、よくある質問についてお答えしたいと思います。

「申請中、許可されるまでの営業」についてです。風俗営業1号では、申請をしてから許可されるまで約45日間(大阪の場合)が必要になります。そこで、その間のランニングコストが負担になるので、申請中、許可されるまでに営業を始めたいとなるわけです。

しかし、これは違法です。当然ですよね!まだ免許証もないのに、自動車教習場に通っているので車に乗って大丈夫なわけありません(免許も行政学上、許可と同じです)実際に摘発され逮捕者も出ています。折角、キチンと法令順守して営業されようとしているのですから、営業許可されるまで、もう少しの間我慢して下さい。

といっても、聞き入れてくれない方もいるのが現実です。

で、こうくるわけです・・

【飲食店営業許可が出れば、風俗営業の許可が出るまでは、接待せずに営業するので大丈夫ですよね?】と質問されます。

私は「無理だ」と回答しています。

確かに法的な観点から、かつ理論的に、この方法であれば営業しても問題無いようにも感じますが、私は営業することを容認することは出来ません。

根拠としましては、

① 大阪府警に確認しましたが、風俗営業が許可されるまでは飲食店の営業をすることは認められないと言われたこと。

② 風俗営業1号(接待飲食店)では、深夜酒類提供飲食店営業との兼業は禁止されています。よく、0時までは風俗営業店、それ以降は深夜酒類提供飲食店営業で、端的に言いますと、接待しない営業方法で営業したいと言われますがこれは出来ません。これを拡大解釈しますと、6時~0時までも接待をしない営業で飲食店としての兼業も出来ないことになるわけです。

風俗営業と飲食店営業はセットです(1号接待飲食の場合)どちらが欠けてもダメなのです。

いつも、ここまで説明しますと「他の行政書士に頼みます」と逆切れされます(笑)どうぞ×3って感じです。他の行政書士の先生の見解までは分かりません!しかし弊所では、違法な状態にならないようにする、かつ違法な状態を解消するお手伝いは出来ますが、違法行為のお手伝いは出来ません。

如何でしょうか?ご理解頂ければ幸いです。

 

大阪で風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業を始められる方、何かお困りのことはありませんか?悩む前に、明石 勝 行政書士事務所にご相談下さい。

https://masaruakashi.com/

風俗営業 深夜酒類提供飲食店営業届出 大阪 行政書士ブログ 自殺者数・・

皆様こんにちは。

上記のグラフは、自殺者数の前年比のデータです。過去のブログ(5/08)でもふれていますが、恐れていた事が現実になってきています。

ここ数か月の事ですが、前年比増と自殺者が増えてきています。長期的に見れば自殺者数は減少しているのですが、足元では逆に増加してきています。これから年末を迎えますし、まだまだ増える可能性があります。

世の中では、新型コロナウイルスの感染第3波かと(間違いなく第3波)連日ニュースで取り上げられていますが、今後どうなるのでしょうか・・。

政府は、感染予防と経済活動を同時に進めるとの方針ですが、中途半端ですよね。コロナの影響を受ける業種はいつまでたっても霧が晴れず、逆にコロナで盛況な業種もあるわけで、このままいけば2極化がさらに進んでいくことになるでしょう。

こうした中、自殺者が増える傾向にあります。一概に新型コロナウイルスが自殺の原因とは言い切れませんが(因果関係と相関関係は別)まだまだ対策を講じていかなければ、コロナの間接的な死者が増えることは間違いなく、この現状を大変危惧しています。

最後に、新型コロナウイルスの累計死者数が今現在1908人となっています(最近では感染者数は伝えますが、何故か死者数を伝えなくなりました。気持ち悪いですよね。知らず知らずのうちに情報統制がなされています)自殺者数は単月10月だけで2153人です。人の命が大事だとテレビのコメンテーターは声高に言います。ではこの自殺者数に関してはどうなのか・・コロナ対策で直接的には死者が増えなくても、自殺等で間接的に死者が増えることに、もう少し真剣に向き合うべきではないでしょうか。

 

BAR(バー)を始めるときは 明石 勝 行政書士事務所にご相談下さい。図面作成から申請までフルサポート致します。

https://masaruakashi.com/

スナック 深夜酒類提供飲食店営業届出 大阪 行政書士ブログ 倒産件数・・・

皆様こんにちは。

まずはこの「ニュース記事」をご覧頂きたいと思います。

「新型コロナウイルス関連の経営破綻がじわじわと広がっている。東京商工リサーチによれば、1000万円以上の負債を抱えて破綻した企業は2月からの累計で584件(負債1000万円未満を含めると613件)にのぼる。単月で最多だった6月(103件)以降はいったん下回ったが、9月、10月になり100件ペースで推移しているという」

続けて「東京商工リサーチ」の記事とデータをご覧ください。

倒産件数3,858件 新型コロナ拡大でも件数が2年ぶり減少、過去30年間で最少

2020年度上半期(4-9月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が3,858件(前年同期比9.3%減)、負債総額は5,991億1,900万円(同0.7%増)だった。
件数は、年度上半期の3,000件台は1990年同期(3,070件)以来、30年ぶり。1991年同期以降の30年間では最少を記録した。5月に新型コロナ感染拡大で裁判所の一部業務が縮小したほか、政府、自治体の緊急避難的な資金繰り支援が奏功、倒産は低水準で推移した。

この両方の記事を比較して如何でしょうか?まさに伝え方・伝わり方によっては印象操作としか言えないような内容の記事です。

「東京商工リサーチ」の記事を読めば、このコロナ禍でも倒産件数は最小であり、幸いにも政府の救済策及び経済対策が功を奏しているということになります(足元のことで今後はわかりませんが)

正確なデータを示さず、前年同月比を伏せて倒産件数だけを誇張する内容の記事にしてしまうと、あたかも倒産が増えて大変だ!政府は何やってるんだ!と、なりかねません。これを印象操作というのではないでしょうか・・。世の中にはこんな記事が溢れています。騙されないようにしましょう。

人と会話をすれば大なり小なり、根拠やデータに基づかない持論や見解に遭遇します。そんな時、少し疑ってみる癖のようなものが必要なのかもしれません。情報過多の社会で生き抜くためにも、真実を見抜くリテラシーを身につけていきましょう。人の受売りばかり話す人間にならないためにも・・。

 

バー(BAR)開業、深夜酒類提供飲食店営業届出・大阪のことなら、明石 勝 行政書士事務所にお任せ下さい。図面作成のみでも対応可能です。

https://masaruakashi.com/

風営法 深夜酒類提供飲食店営業届出 大阪 行政書士ブログ 脱ハンコ・押印廃止・・

皆様、こんにちは。

今回は、脱ハンコ・押印廃止」について考えてみたいと思います。

新型コロナウイルスが流行をする以前から、「脱ハンコ・押印廃止」の声があったのは確かです。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛やテレワークと言うフレーズが飛び交うようになり、テレワーク推進の流れが加速しない、かつ、デジタル化が進まない原因はハンコにある!となったのが、これまでの流れだと思います。

でもこれおかしくないですか??

そもそも、私の周りで申し訳ないですが、押印のために出社しなければならないとか、押印作業があるからデジタル化しないんだなど、聞いたことがありません!確かに私も行政書士ですので、書類作成のプロとしても、押印ばかりあり邪魔くさいと思うところはあります。しかし、廃止すればいいとまでは思ったことはありません。

そもそも論として、ハンコを押す意味・理由を考えたときに私が思ったのは、署名・捺印までは必要ないが、記名・押印の場合どうするのって疑問です。端的に言えば、フルネームで署名をすれば、実印と同じ効力があります(難しい話はさておき)そこに押印まで添える必要性があるのか?ここには疑問があります。それと書類をパソコンで作成し、記名があるだけの書類に押印無しで有効性があるのか?この2点が論点になるのではないでしょうか。

結論から言いますと、結局のところサインは必要になるということです。では「脱ハンコ・押印廃止」としたところで、書類にサインをするために出社するのか?サインのない書類で問題ないのか?疑問だらけです(笑)

ここまでで如何でしょう・・一般的に普段の生活の中でハンコを使用するのは、宅配便の受け取りや、少しお堅いところでの書類への押印といったところだと思います。不便ですか?それを政府が一丸となって「脱ハンコ・押印廃止」と躍起になっているのは何故でしょう?デジタル化を進められないことをハンコを悪にして逃げているようにしか見えないのは私だけでしょうか?

この流れを自分の事業(生業)に置き換えてみてください・・何も悪いことをしていない、押印文化があり正業としてなりたっているものを、政府が潰しにかかるのは恐ろしいことではないですか?これだけコロナウイルスで騒ぎ、良いも悪いも別にして、救済支援として全国民に現金給付をし、声高に命が大事と言いながら、ハンコ業界を潰しにかかることへの矛盾を、国民や無責任なテレビのコメンテーターの皆さんはどう考えるのか?ハンコ屋さんの命や生活はどうでもいいのでしょうか?

私はハンコ業界とは縁もゆかりもございません。世の中、繁栄と衰退です。斜陽産業は確かにあります(行政書士もITの進化により90%以上仕事がなくなると言う論文がある)市場経済は需要と供給でなりたっていますし、民間の活動のなかであれば逆に政府が介入すべきでないと私は思います。でもこんな形で推し進めるには反対です。ハンコ業界の方々はみな戦々恐々とされていることでしょう。同情致します。

最後に、前情報通信技術(IT)政策担当大臣 竹本直一氏はハンコ議員連盟会長だったということです。別に竹本氏が悪いわけではありません。やくざの親分が警察庁長官だったというようなものですかね(笑)安倍政権を踏襲するとした菅政権になったら突然手のひら返しですか・・この現実を皆さんはどう感じましたか!?

 

明石 勝 行政書士事務所は出張相談完全無料です。まずはお電話ください。深夜酒類提供飲食店営業届出トータルサポート致します。

https://masaruakashi.com/