公正証書遺言 大阪・箕面市 行政書士ブログ 老後資金2000万円①・・

私は、大阪・箕面市を中心に、相続・遺言書作成業務を行っています。

その際、色々とご相談を受けますが、一番多いのはお金の悩みです。老後の生活で様々な不安がある中、お金の問題は大きな不安であり悩ましい問題なのです。そんな現実がある中、例の「金融庁の報告書2000万円足りない」が大きな問題になり国会でも論争になっています。今回のブログでは、終活アドバイザーとして少し持論を挟みながら、この問題を考えてみたいと思います。

私は、終活アドバイザーとして老後資金の計算なども行っていますが、今回、金融庁から示された報告書に間違いはありません。指摘されている点も、的確です。では何が問題なのか?それは、ズバリ参院選前に本当のことを言ってしまったからです。知って欲しくない現実を公表してしまった訳です(みんな薄々分かってるし、多くの高齢者は現実の中にいる)さらに報告書について質問をした記者に対して、麻生大臣が小馬鹿にしたような態度をとったことで、火に油を注ぐことになったのです。

しかし、政府もお粗末ですね。その後も、報告書が不適切(誰にとってか知らないが)として受け取らないとか(そもそも政府の機関から政府が受け取らない分けがわかりません)100年安心とは、年金制度のことであり個人についてではないとか(現実その通りですが)今のままでは、老後の生活が成り立たないのに他人事ですね。それを追求する野党もさらにお粗末で、ではどうするのか代替案を示すべきですがそれはせず、批判のための批判のみで議論を聞いていても悲しくなるばかりです。

では現実はどうなのか?今回の報告書は、厚生年金で夫婦のケースです。厚生年金の場合は、今までの納付額により給付金額が変わりますので一概にどうとは言えませんが、平均で出された金額を基に計算しますと、金融庁の報告書のようになります。あとは、自分の生活水準をどうしたいか?子供世帯と同居しているとか?持ち家か借家か?そもそも独身でも変わってきますよね。でも、おそらく多くの方は年金だけでは苦しい生活を強いられることになるでしょう。ましてや、国民年金ですと尚更です。

ここで忘れてはいけないのが、金融庁の報告書は「何もなければ」という前提であることです。病気をしたり介護が必要になったりした場合は自己負担があります。ここが大きな負担になるのです。さらに健康でも介護保険料などが天引きされますので、もらえる年金から、毎月1万円程度は減額して終活のシュミレーションをしてください。介護保険料は原則一生涯払い続けることになります。簡単に説明しましたが、これが現実です。

そこで金融庁は独自の観点から、今回の報告書を提出したわけです。ある意味、老後資金対策が書かれている立派な報告書なわけです(皮肉なことに)内容は今後、年金給付額の減少、年金給付開始年齢の引き上げ、退職金の減少、長生きリスクなどから、このままでは、2000万円どころでなく不足額が増えますよと警告し、だからこそ資産運用を個人的に考えましょうという話しです。ようはタンス預金を引っ張りだし、金融市場を活性化させたいわけですね(NISA(ニーサ)少額投資非課税制度とかを活用させたい)危機感を煽られているようで気分が悪いですが、間違いでもありません。若者であれば長期的な観点から対策としては有効でしょう。しかし、投資はあくまでも自己責任だということも忘れてはいけません。

少し長くなりましたので、次回にこの続き、年金の仕組みと今後の対策などを考えてみたいと思います。

相続・遺言書作成でお悩みがありましたら、明石 勝 行政書士事務所にお任せ下さい。出張相談完全無料、ご自宅までお伺い致します。

https://masaruakashi.com/

 

 

風営法 風俗営業許可申請 廃業について

風俗営業廃業について簡単に説明します。

まず、お店をやめる時には、風俗営業の廃業(許可証の返納など)を届出しなければなりません。うっかり忘れるとか、面倒でそのまま放置なんてことはないように、気をつけましょう。

上記内容を怠ると、次に同じ場所での風俗営業許可申請ができません(一つの店舗に一つの営業許可となるべきものですので)なので、次の人の事も考えて、しっかり廃業の手続きを行いましょう。

そして、店舗を借りて風俗営業許可を申請する方は、不動産屋に契約時、廃業届の有無をしっかり確認をしましょう。いざ申請の段階で、廃業届が出ていないと発覚してからでは遅すぎます。注意してください。

スムーズに風俗営業許可申請の手続きを進めるには、一つ一つ丁寧に確認を怠らないこだと思います。

 

面倒な手続きは、風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業専門の 明石 勝 行政書士事務所にお任せください。出張相談完全無料で対応致します。

https://masaruakashi.com/

 

風営法 風俗営業許可申請 許可後について

風俗営業許可申請許可後について詳しく説明します。

ここまで、風俗営業許可申請の各種要件・管理者・営業時間・保全対象施設・申請手続きのやり方・図面作成など、できるだけ詳細に説明してきました。

今回は最後に、無事に風俗営業が許可された後のことを、説明します。

風俗営業に更新という概念はありません。ですので一定の期間ごとに更新申請が必要になることはありません。しかし、変更に関してはその都度、事前または、事後に変更申請を行わなければなりません。ここが注意すべきポイントです。

変更内容は様々です。役員の変更、申請者の住所変更、テーブルやイスなど備品の入れ替え、音響・照明の入れ替え、備品の配置換え(その他あり)これらの内容は、事後に変更申請を行います。

それ以外では、以下の内容は事前の変更申請が必要です(その他あり)

① 建築基準法第2条第14号に規定する大規模修繕または、同条第15条に規定する大規模の模様替えに該当する変更

② 客室の位置、数または、床面積の変更

③ 壁、ふすま、その他営業所の内部を仕切るための設備の変更

④ 営業の方法の変更に係る構造または、設備の変更

上記内容以外では、変更申請自体が必要ないケースもありますので、よく確認をしてください。なお、変更申請には内容に応じて、手数料が必要になります。

その他の注意点ですが、営業時間の厳守や許可証を掲示することはもちろんですが、営業をする上でいくつか風営法に定められていることがあります。従業者名簿・苦情処理に関する記録簿などの備え付け、記載事項を正しく記載し、証明書類を添付し、保管することが求められます(弊所では従業者名簿・苦情処理に関する記録簿は、フォーマットを許可申請時に差し上げています)外国人の雇用の際は、入管法上の観点からの注意も必要です。弊所HPのQ&Aや過去のブログなど参考にして頂ければ幸いです。

https://masaruakashi.com/question.html

警察官の立入り検査はいつやってくるのかわかりません。だからこそ慌てず対応することができるように、事前に万全の体制を整えて置くことが必要です。警察官から無駄な行政指導を受けることがないように、しっかり準備しておきましょう。

風俗営業許可申請は許可後も難しい対応が求められます。許可されて終わりではありません。明石 勝 行政書士事務所では、アフターフォローも充実させています。申請前の相談対応から、申請手続き、許可後まで責任を持って対応致します。私は申請取次行政書士でもあり、外国人(入管法)に関する法務も熟知しておりますので、高い専門性を持って相談に応じることが可能です。他にも、法人化や労働基準法などの相談も対応可能です。悩む前にご相談ください。お待ちしております。

https://masaruakashi.com/

 

風営法 風俗営業許可申請 図面作成のやり方(大阪) その②

風俗営業許可申請における図面作成のやり方(大阪)について、詳しく説明していきたいと思います。

前回、その①の続きです(といっても少し間が開きましたが・・)図面を作成する際は、手書きでも、CADを使用してもどちらでも問題ありません。見やすく、正確であることが重要です。縮尺に関しても決まりはありません。A3、A4用紙に収まる程度で、これも見やすく、正確性を重視して作成してください。

では、具体的にできるだけ詳細に図面作成のやり方を説明します。

① 営業所及び客室求積図

まずは営業所ですが、店舗の内法を測ります(柱は除いて)そして緑色で線を引きます。客室は、客を接客するスペースですので、バックヤードや厨房、トイレ、カウンター内等を除いた範囲を測ります。客室は赤色で線を引きます。図面の誤差は1cmです。正確に測り作成してください。計測を基に求積表も作成します。長さの単位は「m」を使用し、面積は「㎡」を使用します。なお、計測の際は、「小数点以下第2位」で揃えます。その際、小数点以下第3位以下は切り捨てです。四捨五入はしませんので注意が必要です(1.546mの場合は1.54m)

② 営業所平面図

ここでは、どこに何があるのかを正確に記入します(配置場所通り)出入り口、カウンター、イス、テーブル、パーテーション、窓、棚等、そして、高さも記入します。イス・テーブルは種類別に記入しなければいけません。さらに、それぞれサイズを測り、数も記入します。他にも、出入り口に矢印や方位の記入も必要です。

③ 照明・音響・防音設備図

これも、どこに何があるのかを正確に記入します(設置場所通り)照明設備・音響設備はそれぞれに種類、ワット数、数を記入します。防音設備に関しましては、壁の構造を記入してください。

④ フロア図

建物のフロアを正確に記入します。どこに申請場所の店舗があり、他の店舗の有無、EV、階段、バルコニー等を記入します。方位も忘れずに。

⑤ 周辺見取り図

周辺地図上、申請場所を中心にして100mの円を引きます。後は各用途地域別に色分けし、距離制限を考慮して保全対象施設にしるしを付けます。

どうでしょうか?できるだけわかりやすく説明しましたが、ご理解できましたか?正直言って、まだまだ説明できていないことばかりです。何故か?文章にして説明するのが困難であり、かつ図面作成はケースバイケースでの対応が必要なことが多い為です。図面作成は簡単な作業でないことは、ご理解頂けたかと思います。

私の見解ですが、この図面作成を含め、風俗営業許可申請を申請者が自分で行うことは難しいと思います。自分で行うのは不可能ではありませんが、おすすめできません。大変な労力が必要ですし時間の無駄です。専門家である行政書士にお任せされるほうが良いかと思います。

 

明石 勝 行政書士事務所は、飲食店・風俗営業許可申請・深夜酒類提供飲食店営業届出を専門に営業をしております。図面作成だけでも対応可能です。悩む前にご相談ください。

https://masaruakashi.com/

キャバクラ 許可 大阪 行政書士ブログ 読書の大切さ・・・

「何故、読書をするんですか?」、「何の為に勉強するのか?」よく質問されます。

理由は簡単です。自分の人生を豊にするためです。まず、知らなければ何もできません。人は皆、自分の好きなことには夢中になり、学ぶことができるものです。その気持ちが理解できればわかるはずです。

今回は、より読書の大切さを理解してもらうために、2つのことをご紹介したいと思います。少し人生哲学的な内容ですが参考までに。

① 「学問のすすめ」を読む

誰もが知る「福沢諭吉」の著書ですね。まさに今回のテーマが分かり易く説かれています。「一身独立して一国独立す」素晴らしい理念です。

② 上皇后様のスピーチ テーマは「こどもの本を通しての平和」

「今振り返って、私にとり、子供時代の読書とは何だったのでしょう。何よりも、それは私に楽しみを与えてくれました。そして、その後に来る、青年期の読書のための基礎を作ってくれました。

それはある時には私に根っこを与え、ある時には翼をくれました。この根っこと翼は、私が外に、内に、橋をかけ、自分の世界を少しずつ広げて育っていくときに、大きな助けとなってくれました。

読書は私に、悲しみや喜びにつき、思い巡らす機会を与えてくれました。本の中には、さまざまな悲しみが描かれており、私が、自分以外の人がどれほどに深くものを感じ、どれだけ多く傷ついているかを気づかされたのは、本を読むことによってでした。

自分とは比較にならぬ多くの苦しみ、悲しみを経ている子供達の存在を思いますと、私は、自分の恵まれ、保護されていた子供時代に、なお悲しみはあったということを控えるべきかもしれません。

しかしどのような生にも悲しみはあり、一人一人の子供の涙には、それなりの重さがあります。

私が、自分の小さな悲しみの中で、本の中に喜びを見出せたことは恩恵でした。

本の中で人生の悲しみを知ることは、自分の人生に幾ばくかの厚みを加え、他者への思いを深めますが、本の中で、過去現在の作家の創作の源となった喜びに触れることは、読む者に生きる喜びを与え、失意の時に生きようとする希望を取り戻させ、再び飛翔する翼をととのえさせます。

悲しみの多いこの世を子供が生き続けるためには、悲しみに耐える心が養われると共に、喜びを敏感に感じとる心、又、喜びに向かって伸びようとする心が養われることが大切だと思います。

そして最後にもう一つ、本への感謝をこめてつけ加えます。読書は、人生の全てが、決して単純でないことを教えてくれました。

私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。人と人との関係においても。国と国との関係においても」

学ぶべき点が多いですね。奥深さを感じます。読書は人の考えにふれることができ、それを知り学ぶことで自分の可能性を拡げることができるのです。特に失敗事例を知ることで、同じ轍を踏むことがないように注意することができる、読書の大切さが伝われば幸いです。

 

キャバクラをオープンする時は、飲食店・風俗営業許可が必要です。手続きで悩む前に明石 勝 行政書士事務所にお任せ下さい。

https://masaruakashi.com/

ショットバー 許可(届出) 大阪 行政書士ブログ 景気悪化・・・ 

内閣府が13日発表した3月の景気動向指数からみた国内景気の基調判断は6年2カ月ぶりに「悪化」となりました。外需の低迷で、生産や輸出が落ち込んだことが背景。今のところ雇用も堅調で、かつ内需もしっかりしているので、ここからが正念場といったところでしょうか。

年明けから、今年の世界経済の先行きには悲観的な見通しを立てていましたが、意外に底堅く堅調だったのですが、厳しくなってきましたね。

今後の動きとしては、なんといっても米中貿易交渉がどうなるかで一喜一憂させられるのかなと思われます。G20で米中首脳会談が予定されていますが、それまでにどこまで交渉が進展するのか注視していかなければいけません。両国とも景気悪化は望まないところでしょうから、どこかで妥協点を見つけると思うのですが、トランプ大統領は再選に向けて弱腰なところは見せられないでしょうから厄介です。しかし、株価の下落も望まないでしょうから、どういった行動にでるのか本当に予測ができませんね。米中貿易交渉も順調だと言い続けて、突然の関税引き上げですから、本当に一寸先は闇ですね。

中国も景気対策を講じて、株価も上昇しPMIなども回復していただけに悔やまれますね。アメリカは中国だけでなくEU、カナダ、メキシコ、日本などとも貿易交渉を抱えています。それも注視していかなければなりません。

最後に日本の景気に話を戻しますが、貿易交渉の行方次第で株安・円高になり逆資産効果や企業業績悪化の流れも心配ですが、何より10月には消費税増税があります。私は、「安倍総理本気なの?」と聞きたいところで、増税には反対です。(増税反対意見の詳細は書き始めると長くなるのでここでは控えます)景気が悪いのに増税はナンセンスですし、増税で財政再建できた国など存在しません。増税より歳出カットをするべきなのです。

70歳までの定年引上げを持ち出し、これを成長戦略とか言っていますが(こんなことしても国は成長しません)増税延期(凍結)こそが成長戦略なのではないでしょうか。前回5%から8%に引き上げた時も順調だった日本経済の腰を折り、リセッションにまでなりました。今回もおそらく同じ道を辿るでしょう。過去に2度増税延期をしていますが、今度は思い切って増税凍結を切に希望する次第です。

 

ショットバーを始めるときは、深夜酒類提供飲食店営業届出が必要です。悩む前に明石 勝 行政書士事務所にお任せ下さい。

https://masaruakashi.com/

ラウンジ 許可(届出) 大阪 行政書士ブログ 令和元年・・・

いよいよ令和の時代が始まりましたね。

令和元年、あけましておめでとうございます・・っと言った感じでしょうか。

私、個人的には何の実感もなく、みんな盛り上がってるなぁ・・と、ただただ呆れるばかりで、テレビで「平成最後」とか「令和初」と聞くたびに、もうええってとツッコミを入れてばかりでした。

しかし、連休が明け仕事が始まり実務を行いますと、書類作成時に平成から始まる日付を令和に訂正したり、令和元年と記入すると、令和の時代が始まったのだと実感した次第です。

令和の時代が、皆様にとって素晴らしい時代になりますようにお祈り申し上げます。

 

ラウンジ・キャバクラ・ガールズバー、風俗営業・深夜酒類営業のことなら、明石 勝 行政書士事務所にお任せ下さい。

https://masaruakashi.com/

デリヘル 許可(届出) 大阪 行政書士ブログ コンコルドの誤り・・

今回はやめ時について考えてみたいと思います。

投資の世界では「損切り」と言いますが、人は簡単に損失を確定させられないものです。そのうち戻るだろうと根拠も無く傍観していると、損失が膨らむなんてことはよくある話です。さらに、戻ることに期待(願望)がありますから、情報収集する際も、自分に都合の良いものに偏りがちで、正常な判断ができなくなります。

そんな時は、ノーバイアスで客観的かつ合理的に判断のできるアドバイザーに意見を求めることが大事なのではないかと思います。いつでも相談のできる相手(アドバイザー)を日頃から見つけておき、いざとなればすぐに相談をすることで、リスクマネジメントをすることができるのではないでしょうか・・。

行動経済学に「コンコルドの誤り」と呼ばれるものがあります。ここからは多くのことが学べると私は思います。参考までに・・。

「ある対象への投資を続けることが損失につながると分かっているにもかかわらず、既に行った投資を惜しみ、投資をやめることができない状態のこと。」

超音速旅客機コンコルドの開発は、途中で採算割れが見通ました。しかし、それまでの投資が大きかったために事業を続けて赤字を拡大させ、ついには墜落事故という大きな犠牲まで出しました。つまり、投じた費用が無駄になるのを惜しんで撤退できず、損失を膨らませる不合理な行動をいいます。失ったお金は返らない。無駄と分かったら、すぐやめるのが合理的です。ところが、やめるとそこで損失が確定するから、投下したお金や時間が大きいほど引き際の決断は難しくなります。そのうちに事態が好転するという根拠のない希望にすがって先送りするのは、弱い人間の性(さが)かもしれません。

 

デリヘル(無店舗型性風俗特殊営業)の届出なら、大阪の 明石 勝 行政書士事務所にお任せください。迅速・丁寧に対応致します。

https://masaruakashi.com/

 

特定技能・登録支援機関届出のことなら、大阪の 明石勝 行政書士事務所にお任せ下さい

在留資格・特定技能の外国人本人への様々なサポート支援を、受け入れ機関に代わって行うことができるのが登録支援機関です。そのサービスを提供する場合は、法務省に届出を行う必要があります。

登録支援機関には、誰でもなれるわけではありません。要件をみたす必要があります。さらに当然のことながら欠格事由もありますので、詳しくはお気軽にご相談下さい。

登録支援機関の登録機関は5年です。更新が必要になります。登録手数料が28,400円、なお、標準処理期間は2ヶ月とされています。計画的に届出をされることをお勧めします。

私は申請取次行政書士です。在留資格VISA全般を専門にしております。従来の在留資格から、特定技能、さらには登録支援機関の届出まで、様々なサポートが可能です。入管法は複雑な制度です。専門家のアドバイスを受けながら手続きを進めていくことで、不安や悩みから開放されると思います。皆様のお力になれれば幸いです。

弊所の報酬手数料

登録支援機関新規届出 100,000円

 

登録支援機関の届出のことなら、在留資格VISA・永住・帰化の専門家、申請取次行政書士 明石 勝にお任せ下さい。

https://masaruakashi.com/

 

 

相続・遺言書作成 大阪・箕面 行政書士ブログ 10連休・・

いよいよ10連休が迫ってきましたね。楽しみにされている方もおられることと思います。

今回は、その10連休が日本経済にどのような影響を与えるのかという観点から、考えてみたいと思います。

まず何故このような長い(年末年始より)連休になったのか?ご存知の通り、天皇陛下の即位に合わせ、さらにGWも重なり(重ねたが正しいような)前後を休日としたことで、10連休となったわけですが・・長過ぎませんか(笑)

私は個人的に、以前のように祝祭日と日曜日などが飛び飛びであることには反対で、3連休やSWなどがあることには賛成の立場です。人間ですから休むことも大事ですし、休みは続けてないと逆に疲れますし、非効率で合理的ではありません。

でも、10連休は如何なものでしょう?

政府の立場は、大型連休にすれば外出も増え、外に出れば買い物や食事など、何かと個人消費が増えることを期待して、意図的に連休を増やしているのだと思いますが、あまりにもやり過ぎは逆効果です。テレビのニュースでは早くもGW10連休を海外で過ごす人が過去最高なんて言っていますが、これは日本経済にはむしろマイナスです。(インバウンドの逆、アウトバウンド効果)それだけではありません。

駆け込み需要という経済理論がありますが、それと同じで、10連休で大きな消費をするとその後、大きく消費は落ち込みます。山高ければ谷深かしです。他にも、金融市場・金融機関や病院・インフラなど、あまり長く休めない業種は対応が大変ですし、逆に休日に稼ぎ時を迎える業種では、従業員のやりくりも難しいでしょう。

最後に企業活動にも影響が出ます。大企業はもちろん休みになります、中小零細企業なども連鎖的に休まざる得ません。サプライチェーンの問題です。1社だけで完結する仕事(業種)って意外とないものです。わかりやすく言いますと、車の修理をするにも部品を調達できないのです。工場も配送もすべて止まりますので・・。

個人消費を促し、無理に消費させても、その後に落ち込みます。企業活動を止めてしまえば生産活動が無くなり、経済にはマイナスです。私はエコノミストではありませんので詳しくは分かりませんが、一時的な個人消費より、企業の生産活動により生み出される価値の方が、GDPに与える影響は大きいように思います。結果的にGDPの押し下げ効果にならぬように願うところです。

私は会社経営をしていますが、今回の10連休は痛みでしかありません。従業員は休日ですので当然休み、給与は固定費ですので会社の収支にはマイナスでしかありません。休んでいても一定のランニングコストは必要ですし、売上が上がらず利益を圧迫して最終的に誰も喜べません!時給や日給で働く方や、個人事業主の方にも大きな影響を与えるのでしょうね。私の結論は「働かざるもの食うべからず」です。「ベーシックインカム」なんて、夢のまた夢でしかないことが証明されたかも(笑)

地域密着・大阪・箕面で、相続・遺言書作成の手続きを専門に行っています。個別の相談から施設などでのセミナーまで、お気軽にご相談下さい。明石 勝 行政書士事務所がお悩み解決致します。

https://masaruakashi.com/