風営法 風俗営業許可申請 申請のやり方・流れ その①

風俗営業許可申請のやり方・流れについて詳しく説明していきたいと思います。

① 人的要件・場所的要件・構造的要件などを具備していることを確認します。

② 確認ができましたら、飲食店営業許可申請を行ないます。風俗営業の形態によっては必要がない場合もあります。その場合は省略して下さい。

③ 飲食店営業許可申請と並行して、必要書類を集めます。法人と個人で必要となる書類は若干違いますが、ほぼ同じだと思っていいと思います。

以下、必要書類です。

・ 住民票(法人の場合は人数分)

・ 身分証明書(法人の場合は人数分)

・ 登記されていないこと証明書(法人の場合は人数分)

・ 建物登記全部事項証明書

・ 建物建築済書、完了検査済証の写し

・ 使用承諾書(所有者、名義人別の時は両方必要)

・ 建物賃貸借契約書の写し

・ 飲食店営業許可証写し・原本

・ 写真(免許サイズ3×2.4裏に撮影日、氏名記載2枚)

・ 定款写し(法人の場合)

・ 履歴事項全部証明書(法人の場合)

この他にも必要に応じて追加書類を求められる場合もあります。

風俗営業許可申請には、収集した書類以外にも、まだ書類が必要になります。図面作成書類、申請書などの作成書類等、自分で計測し作成、記入が必要な書類もあります。かなりの労力・時間が必要になりますので、専門家に任せられることをお勧め致します。

次回は、図面作成書類をさらに詳しく説明します。

 

風営法・風俗営業許可申請のことなら 明石 勝 行政書士事務所にお任せください。