特定技能・登録支援機関届出のことなら、大阪の 明石勝 行政書士事務所にお任せ下さい

在留資格・特定技能の外国人本人への様々なサポート支援を、受け入れ機関に代わって行うことができるのが登録支援機関です。そのサービスを提供する場合は、法務省に届出を行う必要があります。

登録支援機関には、誰でもなれるわけではありません。要件をみたす必要があります。さらに当然のことながら欠格事由もありますので、詳しくはお気軽にご相談下さい。

登録支援機関の登録機関は5年です。更新が必要になります。登録手数料が28,400円、なお、標準処理期間は2ヶ月とされています。計画的に届出をされることをお勧めします。

私は申請取次行政書士です。在留資格VISA全般を専門にしております。従来の在留資格から、特定技能、さらには登録支援機関の届出まで、様々なサポートが可能です。入管法は複雑な制度です。専門家のアドバイスを受けながら手続きを進めていくことで、不安や悩みから開放されると思います。皆様のお力になれれば幸いです。

弊所の報酬手数料

登録支援機関新規届出 100,000円

 

登録支援機関の届出のことなら、在留資格VISA・永住・帰化の専門家、申請取次行政書士 明石 勝にお任せ下さい。

https://masaruakashi.com/